ホラー映画作品

しより&愛子シリーズの映像化

鮮烈的なデビューを果たしたあと、正式に監督業へと従事することになった深作健太監督はその後も精力的に作品を発表していきます。ある時は感動的なラストを呼ぶ終始泣ける映画作品だったり、実話を元にした狂気入り交じる倒錯的な映画だったりと、エンターテイメント性という点において負けていない作品を発表し続けた。ただ残念なことにメガヒットと呼ばれるような作品があったわけではないのも事実。デビュー作こそヒットしてネームブランドを広げるという意味では成功しましたが、必ずしもその栄光が長続きしたわけではない。しかし面白い作品を作っているという一点を意識すれば深作健太という監督の作り出している映画は、父親に負けていないでしょう。逆に深作欣二さんと比べるほうが間違っているかもしれません、映画業界では大物中の大物として数多くのヒット策を何十年と生み出し続けたのだから、対象とする時点で間違っているのかもしれません。

そんな健太さんの作品の中で、ちょっと気になるホラー作品がある。書籍出版に際して巷で話題を集めたシリーズ『しより&愛子シリーズ』と呼ばれる小説作品を題材にした映画を製作している。『そのケータイはXXで』、シリーズ初期作でもあるこちらの作品は2007年にて映像・公開された。

オススメの深作作品

ドライバーのお仕事だけを検索できて、採用されればプレゼントも貰える!トラック・宅配等各種ドライバー・バス乗務員等運転関係の求人情報に特化したドライバー求人サイト | ドラEVERをぜひご利用下さい。
インドアゴルフレッスンでゴルフ上達を目指すなら東京のK’s golf Loungeにどうぞお越しください。ゴルフレッスン 東京K’s golf Loungeは上達を目指すゴルファーのほしいものを集めた東京のインドアゴルフラウンジです。

ホラー映画の一種

そのケータイはXXでと呼ばれる作品についてですが、いわゆるホラー映画の部類になっています。実際作中では危機迫る中で主人公たちが命からがら助かろうとする姿が何度となく見られますが、ジャパニーズホラーと呼ぶには少しばかり毛色が異なっている。日本のホラー映画の場合だと、リングや呪怨といったように突如として出現して呪い殺していく、静寂の中にふとした瞬間に怨念が現れて生者を黄泉の国へと連れて行くのが特徴だ。

この作品の場合だと、ホラーというよりはサスペンスというジャンルが適切ではないだろうかと思う。ただ読み解いていくと結構突っ込みどころがある作品でもあるので、少し面白おかしくいじってみよう。

あらすじとして

女子大生である水野しよりは友人である火請愛子と共に温泉巡りの旅行をしていた。そんな道中に立ち寄った村で、奇妙な噂を耳にする。村には怪しげな風習が存在しており、時折訪れるよそ者を殺すといった、そんな噂が立ち込めていたのだ。その後次々と起こる不可思議な現象によって、しよりと愛子ははぐれてしまい、窮地に追い込まれたしよりに助けを差し伸べたのは突如としてかかってきた携帯電話越しの声により、絶体絶命的な状況を脱していく。

愛子という存在

元々二人の旅行はしよりがそれまで付き合っていた男性の浮気癖がひどく、別れることになったため傷心旅行を兼ねての事だった。そんなしよりに付き添うように愛子も付き合っていたが、そもそも別れた原因を作ったのは愛子に他ならない。実は彼女、別れさせ屋という仕事を生業としており、無事依頼を果たしたことで報酬を受け取るために訪れたのが事件が発生する村だったのです。これで完了する、そう思っていた愛子だったが彼女にも危機が迫ります。

どうしてこんなことになってしまったのかというと、そもそも愛子に依頼を出したのは彼女に恨みを抱いていた元同僚によるものだったからだ。かつて先輩だったレイカは愛子のことを殺す気だったものの、最終的に本当の意味で友人になろうとしていたしよりに助けられて、彼女もまた危機を脱する事に成功し、生き残った後は無事親友になった。

電話越しの相手

所々ツッコミたくなる部分はありますが、中でも一番それはないだろうと言いたくなるような展開があります。それはしよりを終始助けていた電話越しの男性の存在です。ハスキーボイスで安心感のある言葉に、しよりはその頼もしさから惹かれていきます。やがて彼女に最大の危機が訪れようとしたときに、その声の人物が助けに来たのだ。物部と名乗っていた男性に会い、感謝の意を述べようとしたが醜悪な姿に愕然としたしよりは、どこからか拾ってきた銃を突き付けて発砲してしまったのです。

川を下って逃げていたせいで、物部は反動で水に流されてしまい行方不明になってしまった。ただ事件解決後に無事発見され、人を見た目で判断してはいけないと改心したしよりは彼に謝罪をし、後に恋人同士となります。それにしては銃を向けて発砲までされたのだから、いたたまれません。

ちなみに劇中で物部の声を担当したのは声優の小山力也さんという方で、業界でも超有名声優だ。そして物部をリアルに演じていたのはお笑い芸人の岩尾望さんとなっている、確かに詐欺だ。

映画見よう映画

株式会社ライズが独自に開発し、多くの方々に喜ばれ続けているキキウォッシュ。 その威力はキキウォッシュ 洗浄力はどんな汚れも敵ではありません。 使って分かるその凄さ、きっとあなたも実感できます。

上がってからの突き落としが凄い

映画としてみた場合、この作品を純粋にミステリーやサスペンス、そしてホラーといった要素を求めてはいけません。そもそも終盤での物部さんがあまりに不憫すぎるのでなんだか泣けてきます、善意で助けていたのに、醜悪な容姿だからといって銃をつきつけられたのだから、下手をすればしよりが殺人犯として立件されてもおかしくありませんでした。

ただ恐怖を感じるとすれば、レイカ役の小沢真珠さんが神がかりの病んだ女性を演じられているので背筋凍るような恐怖感は得られます。全体的に落差の激しい作品ですが、好きな人は好きな作品でしょう。

すごく泣いた映画

低価格で可能です!エアコン 工事 直施工による 低価格!!