何と言ってもヤクザ映画

仁義なき戦いとは何か

深作監督の代表作、といえば何を挙げるでしょうか。人によっては色々あるでしょうが、大半の人が真っ先に上げる作品はこの『仁義なき戦いシリーズ』だろう。見たことがある人もいるでしょう、極道に関する映画は現在の高齢者にとって青春時代に見た娯楽の1つだった。当時はまだ年齢制限といった基準が設けられていたわけではなかったので、誰もが当然のように見ていたとも言われています。もちろん特定の年齢制限をかけなくてはならない場合もあったかもしれませんが、この作品は一種の変革をもたらしました。

それまで菅原文太さんが主演した『現代ヤクザ』シリーズのような任侠映画においては、主人公は裏の世界に肩身を置いている存在ではあるものの、義理人情に溢れて正しく任侠とは何かを説く正義のヒーローとして描かれていました。冷静に考えるとヤクザがそんな勧善懲悪の世界で勧善側に立つ存在ではないのは誰もが知っているでしょう。

あまりに美化されすぎたヤクザという存在は、深作監督にも少なからず思い入れが強く、同時に監督自身が描く任侠とは何かを考えさせられます。最終的に至った結論が、社会における弱者に対して徹底的に強く、またヤクザとは本来どういったものなのかと象徴するようにお金に執着するヤクザの存在あってこそのものだと思っていたようだ。

ではそんな作品を作るために、この仁義なき戦いシリーズでどんな挑戦を繰り広げたのかを見てみよう。

オススメの深作作品

ヤクザ映画について

内容については有名すぎるので触れないが、仁義なき戦いシリーズに関して言えばそれまで劇場作品として映像化されたものの中で、これほど忠実に極道の世界を再現しているものほどないとまで言われているほどだ。実際に広島で起こった広島抗争を題材にしているだけあって、また深作監督が暴力というものに対する独特の価値観もあって、それまで美談によってまとめられていたヤクザという者の存在に投石したと言える。実際その完成度から歴代の映画として映画遺産の中で日本の名作と語り継がれているほどだ。

それまでに公開されていた任侠ヒーローとして描かれていたものと違い、どの部分をより深作クオリティに仕立てていたかを取り上げてみよう。

こだわり続けたポイント

とにかく金にガメつい

今の時代でもそうですが、ヤクザといえばやはり金儲けを最優先に考えている、そう考えている人が圧倒的に多いはずだ。それこそやれるものならば何でも金に変える、そういうものだと考えている人もいるでしょう。実際に2011年に起こった東日本大震災においても、復興ビジネスを狙ったヤクザが島争いをしていたという噂も立っていたほどだ。

仁義なき戦いシリーズの中ではそうしたヤクザ同士のしのぎ、特に金の絡んだビジネス間のやり取りが事細かく鮮明に描かれている。金の切れ目が縁の切れ目と言わんばかりに、旨味がなくなればあっさり切り捨てることも吝かではないと表現したのだ。

英雄扱いはしない

また任侠映画では、主人公が何かとヒーロー的な立ち位置で描かれている事が多い。ヤクザでヒーローとは随分と酔狂な役柄ですが、そうすることで格好いいと感じる人も多い。実際に現代でもヤクザの家柄でありながら正義を重んじるといった作品が人気を博したこともあるくらいだ。非現実的にも程があるものの、フィクションだからこそ出来る芸当です。

ところが仁義なき戦いにおいて、例えそうした人物が出てきたとしても最後までヒーローとして華々しい活躍をして映画が終了とならないのが特徴の1つだ。なにせ最初は正義の味方バリに活躍していた人が最後には無残な最期を遂げることも珍しくなかったのだ。そういう意味では数年前に公開された北野武監督が製作した『アウトレイジシリーズ』などが良い例でしょう。

娯楽によって誤解が生まれる

どうしてここまで極端に、リアルな映像化を目指したのかというと、やはり作品による影響で極道を目指そうという人が実際にいたからなのかもしれません。裏社会とは実態が掴めないものです、だからこそ憧れを抱くのかもしれませんが、人によっては間違った視点で勘違いしているケースがある。それこそヒーローとして仁義に従って、堅気には手を出さないといった何処のフィクションだと言いたくなるような現実を、真実と捉えた人が増えたせいかもしれません。

そう思っている人は実際いるでしょう、それはただの妄想に過ぎません。極道にとって必要なのは自分たちに旨味があるかどうか、それがなければ興味すら湧いてきません。だからといって堅気に手を出したからといって得をするわけではないですから、自分たちに被害さえ及ばなければ一般人にも関心をよせることもないのだ。

大分意味合いは違います、これを真に理解しているか否かで極道というものへの捉え方は大分違ってくるはず。中には犯罪を犯した人間を美化する内容が公開されるなど問題も多かったせいもあって、リアリティを追求した結果が仁義なき戦いへと繋がった、そう分析できる。

映画見よう映画

深作監督の名が広がった

そんな仁義なき戦いに出演していた俳優には、やはり日本国内で名優と呼ばれた人が何人も出演している。後にスター街道を走る人の中にもこの作品からの影響は強かったと語っている人も多いので、それだけ当時センセーショナルな映画だったことだけは間違いなく言える。ただあくまで娯楽という枠の中で語られる作品なので、必ずしも全てが真実とは限らない。時折誇張している部分もあるかもしれないが、そういった点を加味してもこれほどの作品は早々生まれるものではない。

すごく泣いた映画

技術は上手なの?その後はどうすればいいの?男性用かつら http://katsura-artlead.jp/アートリイドには“カツラを着けたら一般の理美容店へは通いにくい”というお声が多く寄せられます。当社では作製からその後のアフターケアまで万全の体制でサポートしていきます。